暗号通貨 税金

暗号通貨へ投資すると発生する税金の種類とタイミング

暗号通貨へ投資すると発生する税金の種類とタイミング

 

暗号通貨と税金

 

暗号通貨で利益を出した場合に税金はどうなるのか気になる人も多いでしょう。

 

 

 

そこで税金が発生するタイミングやその種類について、知っておくのをお勧めします。後になって知らなかったではすまないのが税金ですので、しっかりと勉強しておくのが無難です。

 

暗号通貨における税金とは

 

基本的に日本では、所得を得た場合には税金がかかる仕組みです。いわゆる所得税という形になるのですが、これに付随してあるのが住民税になります。

 

 

 

まだまだ暗号通貨の取引は始まったばかりであり、日本では明確な税の仕組みができあがっていません。今のところ、日本で決まっているのは暗号通貨で得た利益については、雑所得として扱った上で確定申告をしなくてはいけないのです。

 

 

 

詳細まで詰められていない点が不安な人も多いでしょうが、疑問がある場合はお近くの税務署もしくは国税庁などで確認するのをお勧めします。

 

暗号通貨で税金が発生するタイミングを知ろう

 

暗号通貨では、どのタイミングで税金が発生するのでしょうか。答えは利益を出した時点という形になってきます。

 

 

 

暗号通貨の取引の基本は購入してから、値段が上がった時に売却することです。つまり、利益が出るというのは購入した暗号通貨を売却した時だと考えてください。

 

暗号通貨へ投資すると発生する税金の種類とタイミング

 

逆に売りから入った場合は反対決済をした時なので、投資に詳しい人ですと利確したタイミングという方が良いかもしれません。

 

 

 

ただ、税金がかかってくるのはサラリーマンの人ですと、年間に20万円以上の利益を得た場合になります。同じ暗号通貨の取引内で損失がでている場合であれば、損益通算ができますのでその点も覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

1月1日から12月31日までの間に20万円以上の利益で確定申告をしないといけない、サラリーマンの人だとこれだけ覚えておいてください。保有している分、暗号通貨のまま使った分については税金がかかることはありません。

 

暗号通貨の税金の種類は所得税と住民税のみ?

 

先程もお伝えしましたが、現時点で暗号通貨の利益については所得税と住民税のみが対象となってきます。

 

 

 

この2つの税金は確定申告をした後で決定されるものですので、利益が20万円以上であれば必ず行うようにしてください。

 

 

 

暗号通貨の利益なんてわからないのではと思われるかもしれませんが、暗号通貨の特徴は取引のすべてが調べればわかることです。

 

 

 

ですので、国税庁が本腰を入れて暗号通貨の取引内容を調べればごまかすことはできないので注意してください。

 

 

 

確定申告をするには取引の書類などが必要となるので、しっかりと手元に残すようにしておきましょう。

 

 

 

暗号通貨で税金が発生するタイミングは、利確をした段階になります。暗号通貨から法定通貨に交換をした時に発生すると考えておくと良いでしょう。また、かかる税金としては現時点では所得税と住民税の2つです。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)