暗号通貨 暗号通貨

暗号通貨はなぜ暗号通貨と呼ばれているの?仕組みに秘密あり

暗号通貨はなぜ暗号通貨と呼ばれているの?仕組みに秘密あり

 

暗号通貨

 

暗号通貨はなぜ暗号通貨と呼ばれているのでしょうか。意外とご存知ない人も多いので、その点も解説をしていきます。

 

 

 

現在、注目を集めているものですので今後のためにも知っておいて損はありません。

 

なぜ暗号通貨と呼ばれているのか知ろう

 

暗号通貨と呼ばれている理由は、シンプルに暗号技術が採用されているからです。

 

 

基本的に通貨の信頼性というのは偽造されるかどうかが重要になります。日本の紙幣を考えてみてもわかるのですが、とても高度な技術や特殊なインクなどを使って偽造しにくいように作られています。

 

 

 

これと同じように暗号通貨でも偽造されないように、とても高度な暗号技術が使われているのです。結果、法定通貨よりもさらに偽造されるリスクが低くなっており、安心して利用できるようになっています。

 

暗号通貨に使われている技術っていったいなに?

 

では、どのような技術が暗号通貨には使われているのでしょうか。それはブロックチェーン技術やマイニング技術と呼ばれるものです。

 

 

 

そもそも暗号通貨は法定通貨とは異なり、1つの国や地域によって管理、運営されているものではありません。利用者や協力者が提供する個人個人のパソコンによって管理されているのです。

 

暗号通貨はなぜ暗号通貨と呼ばれているの?仕組みに秘密あり

 

インターネットを利用したP2Pネットワークで運用がなされていて、すべての取引記録が残されています。いつどこで誰がどのくらい通貨を購入したのか、または売却したのか、この記録がすべての人に見られるようになっているのです。

 

 

 

つまり、不正な取引ができないような作りになっており、その根幹となるのがブロックチェーン技術であると考えてください。

 

暗号通貨と仮想通貨となにが違うの?

 

暗号通貨は仮想通貨とも呼ばれることがありますが、どちらが正しいのかと考える人もいるのではないでしょうか。結論からお伝えしますと、どちらも正解だと言えます。

 

 

 

暗号通貨については先述したとおりに、暗号技術が使われた通貨だから暗号通貨という呼び方になっています。欧米ではこちらの方が主流だと言って良いでしょう。

 

 

 

もう1つの仮想通貨ですが、こちらはインターネット上でのみ存在する通貨という意味で、仮想の通貨という形での呼び名です。

 

 

 

日本では主に仮想通貨と呼ばれているのですが、これはイメージがしやすいというのも理由の1つではないでしょうか。ですので、暗号通貨でも仮想通貨でも同じものを意味していると覚えておくのをお勧めします。

 

 

 

暗号通貨の呼び名は通貨の根幹に暗号が使われていることが理由です。1つの国や地域が保証する通貨ではないので、独自に不正利用されない仕組みが必要となってきます。そのための暗号技術が呼び名になっていると考えてください。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)