暗号通貨 基本

暗号通貨を扱い始めるならこれだけは覚えておきたい基本

暗号通貨を扱い始めるならこれだけは覚えておきたい基本

 

暗号通貨の基本

 

暗号通貨の扱いを始めるなら、これだけは覚えておきたい基本があります。その基本についてしっかりと解説をしていきましょう。

 

 

 

基本を押さえているかどうかで取引に失敗するリスクを軽減できますので、覚えておいて損はありません。

 

暗号通貨の取引をするならテクニカル分析を覚えよう

 

暗号通貨の扱いをするのなら、相場を読むことが大切になります。

 

 

 

この相場を読むために用いられるのが、テクニカル分析だと考えてください。世界中の投資家が利用しているチャート分析の手法なので、本格的に覚えるとなるとかなりの勉強量が必要になります。

 

 

 

しかし、基本的な部分を押さえておくだけでも、随分と市場の動きが読めてきますのでなにも知らないのとは比較になりません。

 

 

 

テクニカル分析は過去のチャートの動きを知り、現在から未来への値動きを予想する方法です。

 

チャートを構成しているローソク足を覚えよう

 

チャートとは相場の値動きをわかりやすく表したものです。このチャートを構成しているのがローソク足なのですが、これは特定の時間における値動きを表したものとなっています。

 

 

 

長方形の上下の辺に直線という形になるのですが、見た目がローソクのようなことからローソク足と呼ばれます。

 

 

 

このローソク足は2つあり、始値よりも終値が高ければ陽線、終値より始値が高ければ陰線です。端的にお伝えすると相場が値上がりしていれば陽線、値下がりしていれば陰線となります。

 

 

 

ちなみに前日の終値と翌日の始値の価格が同じである場合は、十字線と呼ばれるものが書かれるので覚えておくと良いでしょう。

 

これだけは覚えておこう、ローソク足の基本

 

では、テクニカル分析ではどのようなことに気をつければいいのかですが、2つだけ覚えておいてください。基本となるこの2つを覚えておくだけでも、有利に取引ができるからです。

 

 

 

1つ目は2本以上、陽線もしくは陰線が続いている場合は、今後もその流れが続く可能性が高いというものです。

 

 

 

2本以上この流れが続いていると、チャートは値上がり、もしくは値下がりの傾向にあることを意味しています。もちろん確実にその流れが継続するわけではありませんが、高確率で継続していくと言えるのです。

 

暗号通貨を扱い始めるならこれだけは覚えておきたい基本

 

もう1つが支持線と抵抗線と呼ばれるものになります。支持線と抵抗線はチャートに自分で横線を引っ張ったものです。

 

 

 

過去に相場の動きが反転をした時を点として結んだ線のことで、今後もその線になると値上がり、値下がりすることが予想できます。簡単に判断できるものですので、チャートを見ながら試してみてください。

 

 

 

暗号通貨の扱いをする上での基本として、テクニカル分析を覚えておくといいでしょう。

 

 

 

テクニカル分析は多岐にわたりますが、基本となるのがローソク足の陽線か陰線が2回以上継続するか、支持線と抵抗線がどこにあるのかを理解することです。この2つだけでもしっかりと覚えておきましょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)