暗号通貨 ビットコインキャッシュ

BTCから分岐した暗号通貨・ビットコインキャッシュ(BCH)とは

BTCから分岐した暗号通貨・ビットコインキャッシュ(BCH)とは

 

暗号通貨のビットコインキャッシュ

 

暗号通貨といえばビットコインをイメージする人も多いでしょうが、このビットコインから派生した通貨もあるのです。

 

 

 

2017年の8月に誕生したビットコインキャッシュがその1つになります。ここではビットコインキャッシュについて、詳しくみていきましょう。

 

 

 

ちなみにビットコインはBTCと略され、ビットコインキャッシュはBCH、もしくはBCCとも略されています

 

ビットコインキャッシュってなにが特徴なの?

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインで問題視されていたスケーラビリティの問題を解消するために派生した通貨です。

 

 

 

ビットコインでは1ブロックあたりのサイズが1MBと制限がかかっており、取引数の増加に伴って近い将来にはいくつかの問題に直面すると不安視されていました。具体的には送金に時間がかかってしまう、送金時にエラーが発生してしまう、などです。

 

 

 

これらの問題を解決するために、ビットコインキャッシュでは1ブロックあたりのサイズの上限を8MBまで引き上げています。

 

 

 

つまり、直面する問題に対しての解決策としてビットコインキャッシュは生まれたといっても過言ではありません。

 

ビットコインキャッシュの価値は上がるのか?

 

実はビットコインキャッシュが派生したその日の内に、かなりの数が取引なされていて1日で価値が100倍にまで増加しています。

 

 

 

ここまでビットコインキャッシュの価値が高まってしまった理由はいくつか考えられるのですが、やはりブロックサイズの問題が大きな意味を持つようです。

 

 

 

先述したブロックサイズの変更にこそ将来的な優位性があるという話になります。ビットコインの派生通貨を開発していたグループから、2018年5月までには正式なビットコインになるだろうという発表がでるほどです。

 

BTCから分岐した暗号通貨・ビットコインキャッシュ(BCH)とは

 

つまり、派生元のコインを駆逐するほどの価値が、この通貨にはあると認めたと言えます。

 

 

 

将来的な問題を解決したという意味でも、今後もビットコインキャッシュからは目を離さない方が良いでしょう。

 

ビットコインキャッシュはどこで人気がある?

 

先程お伝えしたようにビットコインキャッシュは1日で100倍にも価値が高まった暗号通貨になります。

 

 

 

ただ、8月以降は大きく価格が下がってきており、現在ではまた持ち直してきているといった形です。

 

 

 

取引量をみてみますと韓国での人気が高く、取引の50%以上が行われているようなので日本国内ではまだ知名度は低いでしょう。ただ、将来的には十分価値が高まっていくと予想される暗号通貨の1つではあります。

 

 

 

ビットコインキャッシュはビットコインから派生した暗号通貨です。

 

 

 

ビットコインが持つ問題を解決するための技術が導入されたことから、注目を集めており、今後もその将来性には期待が持てるでしょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)