暗号通貨 ライトコイン

信頼性の高い暗号通貨のライトコイン(Litecoin)の特長とは

信頼性の高い暗号通貨のライトコイン(Litecoin)の特長とは

 

暗号通貨のライトコイン

 

暗号通貨の中でも2番目に歴史があるのがライトコインです。

 

 

 

基本的にはメジャーな通貨のプログラムを流用して作られているのですが、独自性を持たせている部分もあり、世界的にも流通しています。

 

 

 

現在でも流通総額で見れば暗号通貨全体でも上位に位置しており、信頼性の高さも伺えるでしょう。

 

ライトコインはどんな暗号通貨なの?

 

ライトコインは良くも悪くもメジャーな暗号通貨をマイナーチェンジした通貨です。

 

 

 

その特徴の1つとしてあげられるのが、ブロックチェーンが作られる速度になります。

 

 

 

ライトコインはこの速度が2分半と4分の1にまで短縮されていることから、取引におけるストレスが緩和されているのです。この取引速度こそがライトコイン最大の強みだと言っても良いでしょう。

 

 

 

また、このブロックチェーンの速度にあわせて総発行枚数の上限も上がっています。一方が2100万枚までと決まっているのが、ライトコインでは4倍の8400万枚となっているのです。これにあわせてマイニングの速度も4倍に上がっています。

 

 

 

従来の暗号通貨では、個人用のパソコンではマイニングができないほどの能力と電力が要求されていましたが、ライトコインではそれがありません。

 

 

 

つまり、個人用のパソコンでもマイニングが可能であり、それだけにより非中央集権型となっているのです。

 

ライトコインは信頼性が高い?

 

ライトコインの特徴の1つにSegwitを実装した点にあります。

 

 

 

Segwitとは1つのブロックチェーンで送金できる件数を増やすことができる技術のことなのですが、実は大きな魅力が隠されているのです。その魅力が、トランザクション展性を無効にできるという点になります。

 

 

 

ではトランザクション展性とはなにか、なのですが、これは暗号通貨の取引をする時の情報IDの書き換えについての問題です。

 

信頼性の高い暗号通貨のライトコイン(Litecoin)の特長とは

 

従来の暗号通貨では第三者が情報IDの書き換えを行うことができたのですが、この場合は支払い情報が2重になる可能性がでてきます。

 

 

 

ただ、不正に操作された情報はブロックチェーンに記載されることはありません。つまり、放置をしていても良いのですが、やはりこうした脆弱性はなくすべきです。

 

 

 

そこでSegwitの採用となっており、脆弱性の問題が改善されているのです。

 

ライトコインは人気があがる?

 

ライトコインは先述したように世界で流通している暗号通貨の1つです。

 

 

 

メジャーな暗号通貨の代替手段として考える人も多く、その価値が急上昇するといったことも珍しくありません。今後も信用を失うといった可能性も低いので、安定した需要が見込めます。

 

 

 

特にマイナーチェンジをした特徴が多くの人から支持を集めていますので、比較的に安定した運用ができる可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

 

ライトコインは世界で2番目に作られた暗号通貨です。その特徴は取引のスピードが速いという点と、マイニングが比較的に容易であるという点でしょう。

 

 

 

総発行額が多く設定されていますので価値が上がりにくい面はあるもの、安定した運用には向いていると言えます。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)