暗号通貨 ジーキャッシュ

匿名性に優れる暗号通貨のジーキャッシュ(Zcash)とは

匿名性に優れる暗号通貨のジーキャッシュ(Zcash)とは

 

暗号通貨のジーキャッシュ

 

暗号通貨の中でも注目を集めているのがジーキャッシュです。

 

 

 

アメリカの大手銀行との提携が大きな話題となってことでも有名なのですが、いったいどのような特徴を持っているのでしょうか。その特徴について詳しくスポットをあてていきます。

 

ジーキャッシュっていったいどんな通貨?

 

ジーキャッシュといえば、匿名性の高さを売りにしていることで有名です。

 

 

 

暗号通貨ではブロックチェーンを用いることで取引情報を記録しているのですが、やはり匿名性の有無は重要な問題になります。

 

 

 

そこでジーキャッシュでは、資産のやり取りを第三者に明かすことなく用いることができる特徴を持っています。

 

 

 

ゼロ知識証明という技術が採用されているのですが、これによって送受信者のアドレス、コインの数量やコイン履歴などのすべての情報を匿名化しているのです。

 

 

 

匿名性の高さを売りにする暗号通貨も多いのですが、現時点ではその中で最も堅牢であると言って良いでしょう。

 

匿名性の高さは良い点ばかりではない?

 

先述のようにジーキャッシュの匿名性の高さは折り紙付きです。

 

 

 

しかし、それだけの匿名性の高さはデメリットにもなってしまいます。つまり、マネーロンダリングや犯罪などへと利用される懸念も存在するのです。

 

匿名性に優れる暗号通貨のジーキャッシュ(Zcash)とは

 

現時点ではそうした利用がされたとの報道はありませんが、可能性があることは否定できません。その結果、将来的にはこの匿名性に対して何らかの対策が取られることも予測できるのです。

 

 

 

どのような対策を取られるかにもよるのですが、匿名性の一部が撤回されるなどがあれば、相場の動きに対して不利になるかもしれません。

 

 

 

大きなメリットになる匿名性の高さは、その完成度によって反対のデメリットにもなりうる点は覚えておくべきでしょう。

 

ジーキャッシュの将来はどうなる?

 

ジーキャッシュの値動きとしてはリリースされた当初に急騰しています。やはりこれまでにない匿名性の高さから、注目を集めた結果だと言えるでしょう。

 

 

 

しかし、その反面で時間経過とともに値動きが急落していった経緯を持っています。現在では先述した大手銀行が提携するとのニュースによって、ふたたび価格が高騰しているといった状況です。

 

 

 

将来的な予想としては、他の暗号通貨でもゼロ知識証明が採用され始めていることから、注目を集めています。

 

 

 

今後もまた世間的に認知が広まっていくことで、よりその価値が高まっていくとも考えられている有望な通貨です。

 

 

 

ジーキャッシュは暗号通貨の中でも最も高い匿名性を持っています。

 

 

 

ゼロ知識証明という技術が採用されたことで、アメリカの大手銀行との提携が決まり、他の暗号通貨でも導入が始まるほどです。そのため将来的にも価値が高くなっていくのではないでしょうか。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)