暗号通貨 リップル

暗号通貨のリップル(XRP)に各企業も注目?おすすめ通貨について

暗号通貨のリップル(XRP)に各企業も注目?おすすめ通貨について

 

暗号通貨のリップル

 

暗号通貨の中でも高い人気を誇っているのがリップルです。

 

 

 

通貨単位はXRPとなっており、各企業が注目していることで有名でしょう。ここではリップルの特徴などを詳しく見ていきます。

 

リップルは大手企業も注目する暗号通貨?

 

リップルは2017年の時点で時価総額が4位に位置する暗号通貨です。

 

 

 

日本国内だけではなく、海外の大手企業や金融機関が出資していることでも知られており、その技術を導入する予定にもなっています。

 

 

 

暗号通貨は管理者がいないことが1つの特徴ですが、やはり大手の企業が参入するほどの信頼度は相場にも大きな影響を与えるといって良いでしょう。

 

 

 

どうして世界中の企業が注目をしているのかですが、それは様々な通貨での送金を暗号通貨を使ってできるようにするシステムにあります。手数料やコストを大幅に下げることができることから、特に金融機関から大きな注目を集めているのです。

 

 

 

ちなみにですが、リップルでは送金完了までにかかる時間が早いのも特徴になります。暗号通貨は法定通貨よりも取引完了までの時間は早いのですが、その中でもリップルは頭一つ抜けた存在であると言ってよいでしょう。

 

リップルのシステムは企業が運営している?

 

リップルのもう1つの特徴は、運営者が企業であるという点でしょう。

 

 

 

暗号通貨では管理運営をする特定の国や政府がいないというのが特徴なのですが、反面でそれを不安視する人も少なくありません。なにか不具合があった時に誰が対応をして責任を取るのかという問題への解決が見えてこないからです。

 

暗号通貨のリップル(XRP)に各企業も注目?おすすめ通貨について

 

その点、リップルのように企業が運営をすることによって、万が一のことがあった時にそこが尽力をしてくれます。

 

 

 

ちなみにリップルの運営を行っているのは、リップル社という企業です。

 

リップルは価値が上がっていく?

 

リップルはそのシステムが企業に注目されているだけあって、比較的に安定した運営が可能な暗号通貨になります。

 

 

 

その将来性としても高いと予想されるのは、国内外の大企業が注目していることに大きなアドバンテージがあるでしょう。

 

 

 

また、2015年には世界経済フォーラムでテクノロジーパイオニア賞を受賞するほどの技術の高さも注目しておくべきです。

 

 

 

金融機関が多く参入していることから、今後も安定的な相場が続いていくと考えられます。中長期の投資に対象としてリップルを選ぶ人も少なくありません。

 

 

 

リップルは暗号通貨の中でも特に企業が注視しているのが特徴です。

 

 

 

どの法廷通貨からでもスムーズに送金できるシステムや、手数料などのコストの低さが特に有名だと言えます。ビジネスで用いられることも多いので、安定した運用ができる暗号通貨の1つでしょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)