暗号通貨 モネロ

暗号通貨のモネロ(Monero)とは?技術的に優れるポイント

暗号通貨のモネロ(Monero)とは?技術的に優れるポイント

 

暗号通貨のモネロ

 

暗号通貨の中でも匿名性に特化しているのがモネロです。

 

 

 

モネロは、エスペラント語でコインや通貨を意味する言葉が元になっています。このモネロについて詳しく見ていきましょう。

 

モネロは匿名性が高いのが売り?

 

モネロが技術的に優れているポイントは匿名性です。従来の暗号通貨のソースコードを元にして作られているのではなく、別のソースコードを元にして開発されました。

 

 

 

その特徴は、閲覧用と送金用の2つの秘密鍵があるという点でしょう。

 

 

 

アドレスにはマスターキーのような役割が与えられており、送金をするたびにランダムなワンタイムアドレスを発行する仕組みです。

 

 

 

送金をする時にはこのアドレス宛にコインを送信することになるので、第三者がアドレスを見たとしても取引履歴を確認できない仕組みとなっています。

 

 

 

ただ閲覧用の秘密鍵を公開すれば、取引履歴のみは外部に見せることができるという特徴もあるのです。

 

 

 

つまり、匿名性を保ちつつもユーザーによっては、その判断で一部が公開できる柔軟性が売りとなっています。

 

匿名性の高さからの急成長?

 

モネロは暗号通貨の中でも急成長をしている1つです。その理由は、やはり匿名性の高さにあるといって良いでしょう。

 

 

 

ただ、こうした匿名性の高さを売りにする暗号通貨には必ずといっていいほど、マネーロンダリングや犯罪絡みの噂がついてまわります。

 

暗号通貨のモネロ(Monero)とは?技術的に優れるポイント

 

もちろんそうした事実はないのですが匿名性が高いことから、どうしても噂がでてしまうようです。

 

 

 

しかし、単純に利用者の情報を守るための技術なのを覚えておくと良いでしょう。継続的に他の通貨と比較してもプライバシーを守ることができることが大きなメリットになっています。

 

モネロは将来的に価値が高まっていくの?

 

暗号通貨は現時点でも1000種類以上あると言われています。その中から注目を集められる通貨こそが価値を高めていくのですが、最も注視されているのが匿名性の高さです。

 

 

 

暗号通貨のウリの1つでもある取引情報の公開については嫌がる人も多く、個人の情報を守りたいからこそ匿名性のある通貨に人気が集まっています

 

 

 

その中でも、モネロは特に注目を集めているといっても過言ではありません。事実、2016年からの1年間でその価値が20倍ほども高まっています。

 

 

 

暗号通貨の中でも匿名性の高さに特徴があるのがモネロです。

 

 

 

ただすべての情報をシャットアウトするのではなく、ユーザーの意志1つで取引履歴を公開できる柔軟さもまた魅力だと言えます。世界中のユーザーが着目しているのもまたポイントになるでしょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)