暗号通貨 ファクトム

暗号通貨のファクトム(Factom)とは?メディアも注目の通貨

暗号通貨のファクトム(Factom)とは?メディアも注目の通貨

 

暗号通貨のファクトム

 

従来の暗号通貨とはまた違った特徴を持つのがファクトムです。

 

 

 

様々なメディアも注目をしている暗号通貨なのですが、いったいどんな特徴を持っているのでしょうか。ここではファクトムの特徴をしっかりと解説していきます。

 

ファクトムはどんな暗号通貨なのかを知ろう

 

ファクトムは端的にお伝えをしますと、暗号通貨としての機能以外の役割も持った新しい通貨の1つです。

 

 

 

注目したいのが、暗号通貨としての機能以外の役割という点でしょう。ブロックチェーンを利用した分散型のセキュリティシステムとも言われるのですが、詳しく見ていきます。

 

 

 

ファクトムを利用することによって、データの保管やセキュリティ管理などを簡単に行えるようになると言い換えても良いです。

 

 

 

ブロックチェーン上に電子データを上乗せして記録することによって、そうした作業を自動的にこなすことができます。自動的に文章の認証をしてくれることから、様々な業界で注目を集めているのです。

 

 

 

結果、ベンチャー企業から大手の企業まで、その技術に出資している状況となっています。

 

ファクトムを使うことでコストが大幅に削減できる?

 

これまで、どの分野での企業も大量の電子データをサーバーなどで管理していました。

 

 

 

企業の規模や業種によってはその管理維持費は馬鹿にならないコストであったのですが、ファクトムを使うことによって大幅に削減できます。

 

 

 

データを一部のサーバーで管理するのではなく、世界中に分散しているユーザーのパソコンで管理することが可能だからです。

 

暗号通貨のファクトム(Factom)とは?メディアも注目の通貨

 

しかも、安全性が高くハッキングを受けて改ざんされるリスクも低いともなると、企業側としては使わない理由はないでしょう。

 

 

 

ちなみにファクトムが注目を集める理由となったのは、ファクトムハーモニープロジェクトがあります。

 

 

 

ファクトムハーモニープロジェクトとは、アメリカの住宅ローン市場をファクトムを用いてパッケージ化する取り組みのことです。

 

 

 

この住宅ローン市場は日本円にすると160兆円規模のもので、様々な企業が絡んでいるものでもあります。

 

ファクトムの将来性はどうなのだろう?

 

ファクトムはその機能性の応用範囲が広いことが特徴の1つです。

 

 

 

様々な分野で大手の企業が参入していけば、さらなる価値上昇は間違いありません。そしてそれを実現できるだけの実力は十分に持っていると言えます。

 

 

 

現代社会はデータで溢れていますので、その管理にはどんな企業でもある程度のコストを割かざるを得ないのです。しかし、先述のようにファクトムを利用することで大幅に削減できるとなれば話は違ってきます。

 

 

 

つまりファクトムには現状を打破するだけのポテンシャルが秘められていると言っても過言ではありません。

 

 

 

暗号通貨の中でもある意味で最も注目されているのが、ファクトムです。

 

 

 

ファクトムはデータをブロックチェーン上にのせるという機能があり、それが様々な分野で応用できるからです。そのため世界中の企業から出資を受けるほどの通貨になっています。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)