暗号通貨 リスク

暗号通貨のリスク(LSK)とは?短期間で成長する通貨について

暗号通貨のリスク(LSK)とは?短期間で成長する通貨について

 

暗号通貨のリスク

 

暗号通貨には様々な種類があるのですが、その中でも目立ってきているのがリスクになります。通貨の略はLSKとなっていてわかりやすいです。

 

 

 

では、このリスクはどんな特徴を持っているのか確認していきましょう。

 

リスクはいったいどんな暗号通貨なのか?

 

リスクはスマートコントラクトを採用したシステムが特徴の暗号通貨です。

 

 

 

クラウドセールでは6億円もの資金を集めており、多くの人に注目されているのがわかります。

 

 

 

2016年の5月にリリースされたばかりですので、比較的に若い暗号通貨であるといえるでしょう。

 

 

 

このリスクは大手企業のクラウドサービスともパートナー契約を結んでおり、その実用性の高さにも期待が集まっているのが特徴です。

 

 

 

リスクにおけるスマートコントラクトは、取引時に契約情報を付与した管理ができるのも魅力になっています。

 

 

 

仮にある車の売買契約を結んだとしてしましょう。この時に売買の取引だけではなく、次回には1割引にするといった内容の情報も盛り込めます

 

 

 

よくある口約束のパターンですが、リスクを通すことによってきちんと記録として残せるのです。

 

リスクはセキュリティ面でも強いのは本当?

 

リスクでは通常のブロックチェーンだけではなく、サイドチェーンという技術が採用されています。

 

 

 

このサイドチェーン技術はメインとなるブロックチェーンとは別個に、ネットワーク上にもう1つのチェーンを用意しています。

 

暗号通貨のリスク(LSK)とは?短期間で成長する通貨について

 

従来の暗号通貨であればメインのブロックチェーンにすべての取引情報が記載されるのですが、サイドチェーンでは別個に用意したチェーンに情報を分散させるのです。

 

 

 

そして、メインのチェーンにはその情報へのルートだけが記載される仕組みです。結果、システムそのものが軽くできるだけではなく、リスクのアプリに不具合が起こった時も問題を起こすことなく対処できます。

 

リスクに投資をするだけの価値はあるのか?

 

多くの人が気になるのはリスクに投資をする価値があるかどうかでしょう。

 

 

 

現在、リスクは大変勢いのある暗号通貨の1つとされています。リリースされてから1年少々の時間しか経っていませんが、その価値はどんどん上がっているからです。

 

 

 

従来の暗号通貨の上位互換とも言える技術が搭載されており、その信頼性も高いのが大きな理由でしょう。

 

 

 

まだまだ市場は伸びていくと予想されていますので、投資をする価値は十分にあるといえます。

 

 

 

暗号通貨の中でも高い汎用性を持つのがリスクです。スマートコントラクトにサイドチェーンといった従来の暗号通貨にはない技術が採用されているのもポイントで、その価値は右肩上がりとなっています。

 

 

 

それだけ注目を集める通貨ですので、今後も伸びていくことが予想されるでしょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)