暗号通貨とは

そもそも暗号通貨とはなに?その働きと既存通貨との違い

そもそも暗号通貨とはなに?その働きと既存通貨との違い

 

暗号通貨とは

 

最近になって良く耳にするのが暗号通貨ではないでしょうか。

 

 

 

しかし、詳しく知らない場合は既存の通貨となにが違うのかわからないという人も少なくありません。そこで暗号通貨の働きなどを詳しく見ていきましょう。

 

暗号通貨とはなんなのか?

 

暗号通貨とは日本では仮想通貨とも呼ばれるものです。通貨としての実態はなく、インターネット上のみで存在する通貨だからです。

 

 

 

ちなみに暗号通貨とは通貨の根幹となる部分に暗号が使われていることから、つけられた呼び名になります。

 

 

 

2009年に誕生したばかりのもので、既存の通貨とは異なる役割を期待されて発祥したものです。特に大きく期待されたのが、送金についてでしょう。

 

 

 

日本国内であれば送金にそこまで不便はありませんが、これが他国となれば事情が大きく違ってきます。手数料だけで数千円もかかったり、送金をしても反映されるまでに1週間と長い時間がかかるのが当たり前なのです。

 

 

 

しかし暗号通貨ではそうしたことはなく、手数料は安価ですし、送金が反映されるのも一瞬で済みます。こうしたビジネス上の不便を解消するために作られたと考えてください。

 

暗号通貨と既存の通貨の違いってなに?

 

では、暗号通貨と既存の通貨はなにがどう違っているのでしょうか。

 

 

 

既存の通貨は国や地域が発行するものであり、価値を保証しています。このことから法定通貨と呼ばれており、身近なところですと日本円や米ドルなどが該当します。端的にいえば各国で流通しているお金のことだと考えてください。

 

 

 

この法定通貨と暗号通貨の違いとして大きいのは、発行量が決められていることと、管理者がいないという点になります。

 

そもそも暗号通貨とはなに?その働きと既存通貨との違い

 

法定通貨の場合は原則として中央銀行が発行権を持っており、その時々の経済状況にあわせて発行量を定めているものです。つまり上限というものがなく、いくらでも発行できます

 

 

 

対して暗号通貨では予め発行される上限が決まっており、規定の量が発行されてしまえば追加されることがありません。結果、その希少性は守られることになり、価値が高くなっていくと考えられます。

 

暗号通貨には管理者がいない?

 

先述のように法定通貨では国が保証し、中央銀行が通貨の運営や管理を任されているといっても過言ではありません。

 

 

 

しかし、暗号通貨では特定の組織が管理をするのではなく、利用者全体もしくは協力者によって管理と運営がされているのです。

 

 

 

これが暗号通貨の独自性を高めることになり、根幹の技術であるブロックチェーンによって不正なく取引ができます。

 

 

 

この取引記録はすべて記録されており、いつでも確かめることができるので偽造などの防止にも役立っているのです。

 

 

 

暗号通貨とはもともと送金に関する不便をなくすために考案されたものでした。法定通貨との大きな違いは発行量が予め決まっていること、特定の管理者が不在であることの2点があげられます。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)