暗号通貨 イーサクラシック

暗号通貨のイーサクラシック(ETC)が優れているポイント

暗号通貨のイーサクラシック(ETC)が優れているポイント

 

暗号通貨のイーサクラシック

 

暗号通貨の中でも2番目に流通量が多いイーサリアムから派生したのが、イーサクラシックであるETCになります。

 

 

 

ここではイーサクラシックの優れたポイントだけではなく、どうして新たにリリースされるのかといった経緯についても解説をしていきましょう。

 

イーサクラシックが生まれた背景は?

 

大変人気のある暗号通貨であるイーサリアムで1つの事件がありました。DAOハッキング事件というものなのですが、50億円相当の通貨が不正に送金されてしまったことがあります。

 

 

 

この事件の収束の仕方に注目が集まっていたのですが、開発チームがとったのは不正送金が行われる前の状態に戻すというものでした。

 

 

 

結果的に不正送金が行われた事実を消すことができたのですが、ある意味では暗号通貨にとっては禁断の手法でもあったのです。

 

 

 

もともと非中央集権型の運営をするのが目的であった暗号通貨にとって、この対処方法を拒否する人も少なくありませんでした。

 

 

 

結果、介入される以前のイーサリアムをそのまま引き継いで運営されているのが、イーサクラシックです。つまり、昔のままのイーサリアムであると解釈をしてもいいでしょう。

 

イーサクラシックとイーサリアムの違いを知ろう

 

先述のようにイーサリアムとは根本的な考え方の違いで、イーサクラシックは誕生しました。この考え方の違いだけではなく、他の面でも違いというのは存在しています。

 

 

 

イーサクラシックでは従来のままハードフォークを採用し続けており、拡張性については制限をしている状態です。しかしこの制限を設けていることによって、セキュリティ面はイーサリアムよりも優れているといって良いでしょう。

 

暗号通貨のイーサクラシック(ETC)が優れているポイント

 

その分、新規サービスを導入するのは難しいのですが、セキュリティが強化されるというメリットは外せないものです。

 

イーサクラシックの将来はどうなる?

 

現状、イーサリアムから派生したイーサクラシックは開発者や資金などを含めた経営のためのリソースは圧倒的に少なくなっています。

 

 

 

しかし、イーサクラシックの考え方に賛同する人も多く、少しずつ人や資金が集まってきているのです。

 

 

 

相場の動きとしては2016年のリリース直後には上昇したものの、その後は値下がりをしていました。

 

 

 

ただ2017年に入ってから安定した値動きから一転して、相場が急騰したことでも有名です。わずか半年ほどの間に20倍もの値上がりをしており、今後もこの流れは続くのではと予想されています。

 

 

 

暗号通貨の中でも良く知られているイーサリアムから派生したのがイーサクラシックです。

 

 

 

DAO事件の対処に賛同するかどうかの考え方の違いから別れたのですが、現在では人も資金も集まってきています。特に2017年の後半に入ってから相場が急騰していることもあって、注目を集めている通貨の1つです。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)