暗号通貨 ビットコイン

暗号通貨の始まりにして代表格・ビットコイン(BTC)の特長

暗号通貨の始まりにして代表格・ビットコイン(BTC)の特長

 

暗号通貨のビットコイン

 

世界初の暗号通貨であるのがビットコインです。日本でも2017年に入って報道が多くなされ、様々なメディアでも注目されています。

 

 

 

ここではビットコインの特長について考えてみましょう。

 

ビットコインは決済手段として優秀?

 

もともとビットコインが作られた経緯は新しい決済システムとしてです。

 

 

 

特にビジネスの世界では決済にかかる手数料や送金にかかる時間というのが、大きなネックとなっていました。

 

 

 

日本国内ではさほど気にならないものであっても、これがビジネスの取引では大きく違ってくるのです。特に海外ではその傾向が強く、もっと便利に決済できる手段が求められていました。

 

 

 

そんな時に登場したのがビットコインになります。個人間での送金もできる上、処理の時間も早く、手数料も割安であるというのが大きな特長になるでしょう。

 

ビットコインのブロックチェーンを知ろう

 

ブロックチェーンとは、日本語にすると分散型公開台帳と呼ばれます。つまり取引における台帳がすべて公開されているのが特長です。

 

 

 

これはビットコインを発行する主体がいないことに起因しています。法定通貨であれば国や政府が保証をするのですが、ビットコインではそうした対象がありません。

 

 

 

結果、通貨の価値を保証するためにユーザー全体で取引そのものを管理するという考え方をしているのです。

 

暗号通貨の始まりにして代表格・ビットコイン(BTC)の特長

 

そのための根幹となる技術がブロックチェーンであると言えるでしょう。いつどこで誰が取引をしたのかを確認できるので、不正取引が行われにくくなっています。

 

 

 

反面で取引の記録とはいっても個人情報が流出するのではと懸念する人も少なくありません。

 

ビットコインは価値が上がっていくのか下がるのか?

 

ここ最近でビットコインの価格は急騰しています。理由は様々なものが考えられますが、やはり日本国内においては一般に浸透してきたことが大きな理由でしょう。

 

 

 

暗号通貨は数多くの種類がありますが、その中でも基軸通貨となっているのがビットコインです。

 

 

 

ビットコインが最も安定している上に、信頼があるので多くの人が購入しています。その結果、ビットコインの価値が大きく跳ね上がってしまいました。

 

 

 

ただ値上がりの幅が大きい分、値下げした時も大きく下げますので投資対象とするのなら注意をする必要があるでしょう。

 

 

 

暗号通貨の中で最も有名なのがビットコインです。

 

 

 

世界で初めての暗号通貨だけに現在では基礎的な特長を持つ通貨だと言えます。その中でもブロックチェーンは秀逸であり、現在でも多くの人が支持している形です。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)