暗号通貨 種類

多すぎる暗号通貨の種類について・上手に分類して覚えよう

多すぎる暗号通貨の種類について・上手に分類して覚えよう

 

暗号通貨の種類

 

暗号通貨は世界中で1000種類以上もあると言われています。流通しているもののみとしても500種類以上もあるので、そのすべてを覚えておくのは難しいといえるでしょう。

 

 

 

そこで暗号通貨の種類をいくつかの分類分けしておくと便利になります。

 

暗号通貨はメジャーなものとアルトコインに分けられる?

 

暗号通貨の世界ではその種類を大きく2つに分類しています。

 

 

1つは暗号通貨の基軸通貨であるメジャーなもので、もう1つはその他の通貨全般を対象とするものです。このうち後者をアルトコインと呼んで区別しています。

 

 

 

基本的に暗号通貨へ投資をする場合は、メジャー通貨を基本としてリスク分散のためにアルトコインもつまむのが常道です。

 

 

 

アルトコインも猛追しているのが現状なのですが、いかんせんまだ追いついていないこともあってか、ひとまとめにされがちです。そうした中でも、いくつか分類分けができますので紹介していきましょう。

 

アルトコインの分類の中でも匿名性の高さは有名?

 

アルトコインの中でも有名なのが、匿名性の高さです。

 

 

 

暗号通貨の基本となるブロックチェーンは取引の台帳を公開しています。そのため見ようと思えば、第三者が関係のない人の取引内容も確認できるのです。

 

多すぎる暗号通貨の種類について・上手に分類して覚えよう

 

このシステムの導入によって、管理者のいない通貨の保証をしているのですが、やはり個人情報の流出が気になるという人も少なくありません。

 

 

 

そうした需要に応えるように開発されたのが、匿名性の高さを売りにしている暗号通貨になります。

 

 

 

アルトコインの中でも注目を集めている分野であり、いくつもの通貨がリリースされているのです。ですので、投資の対象としてもこの種類分けを覚えておくと良いかもしれません。

 

暗号通貨はその特徴で種類分けをしていこう

 

暗号通貨の種類分けは先述のように特徴で行うと便利です。代表的なのは匿名性の高さだけですが、それだけが特徴ではありません。

 

 

 

スマートコントラクトといって取引内容だけではなく、契約に付随する条件を書き込むことができるものも有名でしょう。

 

 

 

他にも独自の特徴を持つ暗号通貨は多くありますので、それぞれに分類しておくと覚えやすくなります。最近では変わった特徴を持つ通貨も増えてきており、その独自性が問われるようになっているようです。

 

 

 

暗号通貨の種類は1000以上あるとも言われています。日本国内の取引所で扱っているのは数十種類ですが、覚えるためにも分類にわけておくようにするのがポイントです。

 

 

 

特にその暗号通貨の特徴は必ずチェックしておくと良いでしょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)