暗号通貨 ウォレット おすすめ

暗号通貨を管理するウォレットの特長とおすすめの選び方

暗号通貨を管理するウォレットの特長とおすすめの選び方

 

暗号通貨ウォレットのおすすめ

 

暗号通貨を管理、保管するためにはウォレットが必要となります。ウォレットとは財布を意味する言葉です。

 

 

 

基本的に暗号通貨では銀行のような仲介業者が存在しませんので、保管をしたり、送金などをするのに正しく財布の代わりになる存在が必要となります。

 

ウォレットのことをしっかりと確認しよう

 

上でも少し触れましたが、通貨を保有、管理する時に財布や銀行が必要です。しかし、暗号通貨は物理的な存在ではありませんので、予めそうした場所を作っておく必要があります。

 

 

 

その存在がウォレットになるのですが、大きくは3つあると考えてください。オンラインタイプ、ローカルタイプ、物理タイプの3つです。

 

 

 

暗号通貨のウォレットとして最も馴染みがあるのは、オンラインタイプでしょう。

 

 

 

いわゆるネットバンキングを想像してもらえるとわかりやすいのですが、オンライン上に暗号通貨の口座を作るようなものです。オンライン上にて作成できるので、とても手軽に利用できます。

 

 

 

反面で暗号通貨を管理しているプロバイダがハッキングを受けるなどした時に、財産の損失があるかもしれません。

 

 

 

また、ユーザー側がフィッシングサイトなどで暗証番号を盗まれてしまう可能性があるなど注意すべき点があります。

 

ローカルタイプと物理タイプを知ろう

 

暗号通貨のウォレットとして良く使われるものの1つが、ローカルタイプです。これはユーザーが所有しているパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末にアプリをインストールして使います。

 

 

 

このローカルタイプにはフル版とライト版の2つがあるのですが、通常は2つとも利用することが多いです。

 

 

 

フル版はデータ量が大きく数十GBも必要となるので、現時点ではパソコンでしか運用することができません。

 

暗号通貨を管理するウォレットの特長とおすすめの選び方

 

対してライト版では必要最低限のものだけで済みますので、スマートフォンやタブレットにも導入できます。

 

 

 

フル版が金庫のようなものだとすれば、ライト版は持ち歩くことができる財布のようなイメージで良いでしょう。

 

 

 

最後に物理タイプですが、これはコールドウォレットとも呼ばれます。紙などに財産の情報を記載したもののことで、インターネットと接続されていないことから安全性の高さが売りです。

 

暗号通貨のおすすめウォレットはなにを選べばいいの?

 

結論としては、用途にあわせて暗号通貨のウォレットを選んでください。別にウォレットは1つだけといったルールもありません。複数の組み合わせをしても問題はないのです。

 

 

 

財産の保管だけを目的にするのならペーパーウォレットを利用するのが良いでしょうし、積極的に取引するのならオンラインタイプが良いでしょう。普段使いをするのなら、ローカルタイプのライト版を選ぶのがおすすめです。

 

 

 

暗号通貨を管理するウォレットは、取引をするなら必ず必要です。まずは手軽に利用できるオンラインタイプのものを1つ作っておき、そこから自分の利用方法にあわせて各種ウォレットを選ぶと良いでしょう。

 

暗号通貨の取引をはじめるならこの3社です。


ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 


モナコイン(monacoin)の取引ならココ

ビットコインFX(信用取引)の利用が可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 


これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)